webワーカーライフ

参考情報 技術

Webデザイナーは激務なのか?

更新日:

デメリットイメージ
IT関係の会社は忙しそうというイメージがある。

でもはっきり言ってWebデザイナーが忙しいかどうかについては会社による事が多い。

今回は転職しまくって4社でWebデザイナーをしてきた私がWebデザイナーの忙しさについてちょっと経験談を語ってみる。

普通のWeb制作会社は納期前だけ忙しい

忙しい時期は納期前。それ以外はワークライフバランスを考えたゆとりのある生活をおくれる会社のほうが多い。

ただし、納期前は殺人的な忙しさで1ヶ月休みが無いのは普通。最終的には会社に1週間泊まり込みとかになるので着替えとかおふろセットとか持っていくことになる。野宿用の寝袋とか銀マットとかが欲しくなるけどそこまで準備したくないので椅子を並べて寝る。

企業の決算期や年度末などの予算消化シーズンが最も激しく私の人生最大の忙しい時期と東日本大震災が同時に来てマジで魂抜けるかと思ったほど。
激務

逆によく言われるニッパチ(2月と8月)の閑散期は全くやることがないぐらい暇をもてあます。
特に8月の盆休みの頃になるととにかく仕事がなくて単価がめっちゃ低いバナー作成みたいな仕事ぐらいしかやることがないためこの時期にメンテナンスを任されているサイトの大幅なメンテンナンスをやったり、勉強したりする。

Webデザイナーと言う仕事の忙しさはめちゃくちゃ偏りが激しいと言えるだろう。極端な話一年のうち3ヶ月でその年の売上の8割ぐらい稼ぐ感じ。アップダウンが激しいので体調管理が大変である。

地雷案件は無駄に忙しい

炎上中
広告代理店が間に入る案件は無駄に忙しくなる傾向が強い。

普通だったらこういうスケジュールで行けるだろうなという仕事なのに途中で仕様が変更されたり会議で色々よくわからない追加が発生したりしていつの間にか忙しくなっている。

広告代理店の人はそういう忙しい状況をわざと作り出すのが仕事なのかな?って思うぐらい終電徹夜が常態化している。

基本的に引き受けたくないのが広告代理店の案件。ただし、デカイ企業が絡むので制作実績としてはかなり使えるのでやっておくと転職で有利だったり飲み会であそこのサイト俺が作ってるんだよとか語れる。

一番忙しかったのは人手が足りてなかった会社

これは新し目の会社にありがちなことなのだが会社が急成長しているので仕事は異常なほど取れまくるのに人が全く足りていない状況になる。

私はウェブデザイナーでCMS組み込みなどの業務を担当するために入社したわけであるが人手が足らなすぎていきなり訳の分からないACCESSで業務ソフトを作ってくれという仕事をふられた。

ACCESS使ったこと殆ど無くてDBとしてしか触ったこと無いんですが・・・と言ってもアクセスみたいなもんは本読んだら一週間でマスターできるから一週間で覚えろという司令が・・・。いや確かにアクセスの使い方自体は1週間で分かりましたが仕事の内容が複雑すぎて本の内容では対処しかねるのですが・・・。
涙
そんな感じで無茶ぶり過ぎてついていけないような仕事が連発してきてわからないところを先輩に聞きたいけど忙しすぎて事務所にいないとか新しく入ってくるはずの人がこの状況を察知して逃げ出すとかはっきり言って死にそうなぐらい忙しかった。

お金も仕事もたくさんあって給料がよくても3ヶ月で倒れるような会社は地雷なので避けたほうが無難だろう。

一番ラクなのはインハウスのデザイナー

楽勝イメージ
私の場合健康食品などを扱っているメーカーの社内Webデザイナーで働いていた時期があったのだがこの時期は最高だった。

とにかく残業など一年に1,2回しかなくほぼ定時で帰れる環境を望むなら企業内でやるに限る。私の場合派遣社員として入ったのだが残業すると割増時給が発生するということで残業禁止だったというのも大きい。

仕事に関しても相当余裕のあるスケジュールで殆どの場合時間が足りないなんてことはない。デザイン案を3パターンぐらい会議に提出して選ばれたデザインをブラッシュアップしてサイト作成し、本番公開ととてもスムーズに進む。

インハウスの場合はデザインからコーディング、サーバー管理者とのやり取りや外注業者への指示などかなり幅広い仕事を求められるのでやることは多いもののそれでも残業するほどの忙しさではなかった。

ぶっちゃけWebデザイナーとして初めての職場がインハウスの社内Webデザイナーだったのだが実務経験無しでも特に問題なく仕事出来た。

なんで辞めたのかというとあまりに幸せすぎて地獄を覗いて見たくなったのかもしれない。

あと社内Webデザイナーって周りに技術者がいないのでやり方があってるのかわからず不安になるというのもある。ちゃんとした先輩に業界標準を教えてもらいたくても無理なのが社内Webデザイナーのデメリットか。

Webデザイナーは激務なのか?のまとめ

Webデザイナーが忙しいのは納期前だけ。それ以外は普通に定時で帰れる日もあるし、終業後飲みに行ったり勉強の為のセミナーに行けたり出来る。基本的に土日は休めるし、夏休みも正月休みもちゃんと取れる。

ただ、成長中で人手が足りてない会社だと毎週納期みたいな状態でとにかく忙しいこともある。

人気の記事

1

毎朝「いらっしゃいませー」とみんなで大声で復唱するような普通の店舗での販売員だった私が、職業訓練を3ヶ月受けて社内WEBデザイナーになった話を紹介してみます。

2

今はいろいろな働き方があってウェブデザイナーでもアルバイトや派遣社員などの非正規雇用で働いている人も多い。 実際のところ派遣社員でWebデザイナーをするのはどんな感じなのか?2年程度派遣社員でWebデ ...

3

Web制作の仕事で生活していこうと思うといろいろな職種がある。 Webデザイナー フロントエンドエンジニア コーダー プログラマー Webディレクター WebデザイナーやWEBディレクターはデザインや ...

-参考情報, 技術

Copyright© Webワーカーライフ , 2019 AllRights Reserved.