webワーカーライフ

参考情報

紙のデザイナー(DTP)とWebデザイナーの圧倒的な違いについて

投稿日:

紙とWebイメージ
私はWebのデザインをしているが、昔働いていた社内には紙のデザイナーもいて一緒に仕事をしていたし、どちらかが暇でどちらかが忙しい時には手伝ったりもしていたので大体Webと紙との違いが理解できている。

そこで紙とWebでデザインをやってきた私がこの2つのデザインの違いについて紹介してみよう。

DTP(紙のデザイン)とWebデザインはそもそもデザインの概念が違う

デザインの概念が違うというのはどういうことかというと、以下のような違いのことである。

紙のデザイン webデザイン
実体がある 実体がない
印刷が必要 印刷が不要
デザイン結果が出力される デヴァイスによって結果が異なる
完成がある 完成がない
基本動かない 動きを付けることが出来る
静的なデザイン 動的な処理が可能

違いをまとめると紙のデザインは実体が存在するため基本的に動かないがWebデザインはパソコンやスマホなど様々な機械で出力するためその機械に依存したデザイン結果になるということになる。

紙の場合は印刷結果が存在するので基本的に印刷してしまえば仕事終了となるのだが、Webは納品してもデザイン変更が自由にできるためボタン配置の変更やバナー設置など仕事が続くこともある。

紙のデザインは実体を使うのでどのユーザーでも同じものを表示するしかないものの、Webの場合ここから来た人にはこれを表示するとかこのデヴァイスでの閲覧の場合は見え方を変えるなどの処理を加えて動的にデザイン変更可能なのも大きな違いの一つである。

DTPは見た目、質感が重要でWebデザインは使い心地が重要

イメージ
紙とWebでは重要なポイントが違ってくる。

紙の場合は実体が存在するので質感や色、加工にこだわりサンプルを作ったりして実際にどのようなものが出来るのかを確かめて納得のいった形で納品することが出来る。

色に関してもWebでは出てこないリッチブラックを始め、DICやPANTONEなどの色見本を眺めて細かく指定する事ができる。

文字に関してもカーニング(字詰め)がとても大事で、他にも改行位置などにこだわるなど見た目をキレイにするのがデザイナーの仕事になる。

Webデザイナーの場合はデザインを表示するデヴァイスが違えばフォントが変わってきたり、文字サイズが変わってきて改行位置がおかしくなるのでこちらでは基本的に指定しづらく、カーニングや色に関してもデヴァイスごとに違ってくるためものすごく緻密な作業は無駄になりやすい。こだわる場合は画像にして表示することもあるがユーザビリティー的な観点から設計としてあまり良くない。

Webデザインで重要なのはどのデヴァイスで見ても文字が見やすいか?ボタンが押しやすいか?などユーザーの使いやすさをデザインすることになってくる。Webの場合、離脱率やどこまでスクロールされたかを計測するなど全て計測できるためユーザーが使いやすくないサイトをデザインしてしまうと結果が全て丸見えになる。

紙よりもWebの方がツール(道具)として使われやすく、美しい見た目よりも使い心地が求められると言えるだろう。

DTPはシンプルでWebは複雑

紙のデザインは静的なので1パターンのデザインを作ることが出来ればそれで仕事終了となる。実物が存在しているのでものすごく複雑なことは出来ないため、複雑と言ってもちょっと凝ったパッケージのデザインとかまでだろう。

Webの場合は紙のようにシンプルには行かず、PCの動き、タブレットでの動き、スマホでの動きの最低3種類を想定してデザイン制作する必要があり、今は通信容量が大きくなっていて動画のようなコンテンツを使ったりするのが普通になってきているし、プログラミングで色々と動かすリッチなサイトが増えている。
手前の要素と背景要素の動きを変えるパララックスデザインを始めとしてWebのデザインは様々な見せ方をすることが出来るがかなり複雑な発想は求められるだろう。

将来性から考える紙とWebのデザイン

紙イメージ
紙とWebのデザインの将来性という点で考えていくと今後紙のデザインの仕事は無くなりはしないものの減少していくというのが妥当であろう。

最近でもたくさんの雑誌が休刊という実質廃刊みたいな状況に陥っているし、廃刊にならなくても月刊誌が隔月になったりしている。

新聞の発行部数が年々減っていることを考えても今後印刷業界が右肩上がりで成長する可能性は感じず、紙のデザインは印刷業界とともに衰退していくと感じる。

Webデザインに関してはPCからスマホに変わり、仕事は今のところ順調に増えていると感じる。今後もいきなりスマホユーザーが激減するようなことは考えられずあと数十年はこの業界は今の規模を維持できていくと感じる。ただし、PCからスマホに仕事の舞台が変わったようにまた新たなデヴァイス(例えばスマートテレビやIoTなど)が登場してそれに対応していく必要性はあると感じるが基本的にインターネットにつなげてその情報を表示させるというこれまでのWebデザインは続いていくだろう。

紙のデザイナー(DTP)とWebデザイナーの圧倒的な違いについてのまとめ

今回は紙とWebってどう違うのか?について両方の仕事をしてきた私が色々と紹介してみた。

はっきり言って私の中ではWebの方が圧倒的に色々なことをすることが出来て面白い仕事だと思っている。サーバーサイドのプログラミングを始め、勉強して色々やりたい人はWebデザインをおすすめしたい。

私と一緒に働いていた紙のデザイナーの人は自分の仕事が形としてずっと残ることが紙の仕事の魅力だと語っていたので作品として自分の仕事を残していきたい人は紙のデザイナーを目指すと良いかもしれない。

人気の記事

1

毎朝「いらっしゃいませー」とみんなで大声で復唱するような普通の店舗での販売員だった私が、職業訓練を3ヶ月受けて社内WEBデザイナーになった話を紹介してみます。

2

今はいろいろな働き方があってウェブデザイナーでもアルバイトや派遣社員などの非正規雇用で働いている人も多い。 実際のところ派遣社員でWebデザイナーをするのはどんな感じなのか?2年程度派遣社員でWebデ ...

3

Web制作の仕事で生活していこうと思うといろいろな職種がある。 Webデザイナー フロントエンドエンジニア コーダー プログラマー Webディレクター WebデザイナーやWEBディレクターはデザインや ...

-参考情報

Copyright© Webワーカーライフ , 2019 AllRights Reserved.