webワーカーライフ

スクール 参考情報

IT系技術者の私がよく使う出会いの手法5選

更新日:

IT系技術者の私がよく使う出会いの手法5選
IT技術者は出会いが少ない。なぜなら職場に女性が少ないからだ。

私がプログラマーとして働いていた頃の話だが9割が男だった。とにかく女性が少ない。

IT技術者というのは結構ハードな仕事で、夜中とか朝方まで仕事をしたりする事があり女性では中々つとまらないという理由もあるし、そもそも情報関係の大学自体女性人気があまりない。

必然的にプログラマー志望の女性も少ないということになる。

IT技術者は出会いが少ないということで、今回は20代後半出会い探しに明け暮れた私がIT技術者のための出会い手法を書いていく。


スポンサーリンク

街コン・パーティーへ参加

出会いといえば街コンというぐらい一般化した気がする街コン。

システムとしては基本的に2人一組で何店舗かある街コン参加店を周り、飲食をしながら話をしていい感じになれば連絡先交換という流れで大体2時間とかで3組ぐらいと話が出来る感じ。

ただ、最近は街コンと言っても店舗数が2店舗とか1店舗とかの場合も増えていて全然街コンじゃない感じになっている場合もある。

パーティーは街コンに似ているが一人参加も大体オーケーな場合が多い。店舗数は1店舗で街コンよりは小規模ではあるが街コンのように1店舗目は20分同じ人と話さなければならないようなルールもなく気軽に誰とでも話せるのがメリット

ただし、強制的に着席した人と話さなければならないルールが無い分初心者にはハードルが高く誰とも話せないで終わることもある。

街コンやらパーティーへ20回ぐらい参加した私のアドバイスとしては合コンマスター的な男と知り合いになっておくとめっちゃ合コンに呼んでもらえるということ。

私なんかは内気なのであんまり女の子を誘えないのだが、こういう出来る男と友だちになれば男よりも女の子のほうが多い、よりどりみどりな結構美味しい会がまわってくるので積極的に参加したい。

デメリットとしてはお金がかかること。金土日連続で土日はダブルヘッダーとかやっていると相当な金が必要になってくる。

一回大体6000円程度が相場なので週1とか週2ぐらいで参加するのがおすすめ。毎日出会うと出会いすぎて誰が誰だか訳わからんようになるのもデメリット…。

Web系のスクールに通う

私の同僚が結婚した相手が同じWebのスクールに通っていた人だった。

やっぱり職場恋愛とかスクールとかでの恋愛とかが多くて近くにいると人となりがわかって自然に惹かれやすいというのもあるようで、合コンやら出会い系よりも結婚相手を探す分にはかなり有効な手段であると感じる。

職場は最初に書いたように、ほとんど女性がいないようなのが普通で、中々上手く行かない場合が多いのでスクールがおすすめ

スクールなら資格を身に着けたいと考えている女性なんかが多かったりするので男女比は割りと普通。Webデザイン系とかだと圧倒的に女性が多かったりする。

私の場合は職業訓練校がWebデザインのスクールだったのだが非常に女性が多かった

7〜8割は女性という状況で、結構若い女性も多く転職希望の女性なので20代半ばから後半ぐらいのちょうど結婚適齢期の人が多くて真剣に交際するならスクールがいいと感じた。

技術力が高ければ優しくサポートしてあげたりして急接近もあるだろう。(友人は可愛い女の子の自宅にパソコン設定しに行ったらしい)

バーや立ち飲み屋などへ行く

私のようにフリーランスで仕事をしていて友人はみんな結婚しているような人間の場合、まず友達を作らなければならない。

行きつけのバーを作ることで、そのバーに来ている人と仲良くなり、なんやかんやでいろいろとイベントがあったりするのでそれに参加していると知り合いの女の子とかも参加して出会いのきっかけにつながることがある。

結局、人が集まるところに行かないと何も始まらないということをフリーランスをし始めてから学んだ。

バーというのは行ったことのない人にはちょっと敷居の高い場所だが、行ってみるとだいたいとてもいいところで、なんかみんなすぐに仲良くなれる場所だと思う。

もちろんちゃんと挨拶出来るとか笑顔で対応できるとか人間として普通のことができないとダメだけど酒の力を借りればだいたい大丈夫。

ツイッターやFacebookなどのSNSで出会う

SNSで女の子に声をかけまくるというのは今どきではない。もうそんな手垢の付きまくった方法で釣れるような女の子はほとんどおらず、警戒しまくりで効率がとても悪い。

どうやってSNSで出会うのかと言うとオフ会を開くのである。

オフ会は結構いろいろあるけど自分でオフ会を開いている人はごく一部の人に限られる。

オフ会を開くのはなんやかんやで面倒なのでやりたがらない人がほとんどなのである。ただ、オフ会があるなら参加してみたいという人はかなりいる

なので2週間後オフ会をやります!みたいな告知を出して拡散希望と言っておけば結構いろいろな人が参加してくれるだろう。

こういったイベントの幹事をすることで手っ取り早く名前と顔を売ることができ、「主催者です」と女の子に声もかけやすいし、声をかけてもらいやすいというメリットがある。自分がイケメンではないと自認しているなら、その他大勢で参加するよりも幹事で仕切ったほうがチャンスは広がる(イケメンなら別に主催しなくてもその他大勢でも十分モテる…)。

てとっり早いのは出会い系サイト

最近私がやっているのは出会い系サイトでの恋人探し

出会い系なんてサクラばっかりで出会えるわけがないやないかとずっと思っていたのだがフリーランスとして独立し、東京から離れて地元で活動し始めたためよく合コンに行っていた人と合コンにいけなくなった。

それで困った俺はいい方法は無いか色んな人に聞いて回った結果出会い系サイトが意外と出会えることを知る。まず前提として出会い系にはたくさんサクラはいる。

そしてそのサクラに引っかかった人達によってサービスが運営されている。でもそのサクラに引っかかりさえしなければ普通に出会えるのである。

サクラに引っかからない方法は色々あるが、まずいちばん大事なのがプロフィールに画像を載せていない人が狙い目。サクラはどうやって鴨を釣るかというとプロフィールに可愛い女の子の写真を使って下心を捉える。(サクラ専用のフリー素材があって中国とか台湾の女の人の写真が使われているらしい)

プロフィールに写真が無いと言うのは圧倒的不利な状態。サクラではない可能性が非常に高いということで有る。

あとプロフィール欄があまり埋まっていないというのも見分けるポイント。鴨を釣るにはエサはたくさんある方がいい。なのにエサをまかないというのはサクラではない可能性が高い。

ただし、プロフィールに顔写真がない場合は通常では考えられないぐらい太っていたり、容姿に難があったり、なんか色々ヤバイ場合はある。それはしょうがない。

そうなった場合は潔く断ることだ。無理に飯を食いに行ってもお互い無意味な時間を過ごすことになる。

ちなみに私の使っている出会いサイトはワクワクメール(R18)というところで、ここは会員数もとにかく多くて累計1000万組のカップル成立と日本最大級でありチャンスが多い(街中で看板を見かけることもとても多いマッチングサイトである)。とりあえずやってみるならここからがおすすめ。

IT技術者の出会いの手段まとめ

IT技術者周辺は本当に女性が少なくチャンスが少ない。そしてIT技術者は基本的にパソコンに向かい続けているので話が苦手な場合が多い。

すでにかなり他の人に比べて不利な状況にいるということを自覚したなら毎週街コンへ通ったり、出会い系で女の子を探したり、スクールへ通ったりして探したりととにかく頑張らなければならない。

私の場合もそうだったが結局数こなしていけばいつかどこかで上手いこと行く場合があるのだよ。待ってるだけでは何も起こらない。

とにかく時間も金も投資しまくるしか無い。男性の魅力のピークは28〜32歳だと言われておりまだ大丈夫とのんびり構えてるとどんどん出会いは無くなっていく!

経験に基づくおすすめサイト

街コンなら「街コンジャパン」がおすすめ。とにかく色々な街コン・パーティーが毎週開催されており条件にあったものが見つけやすい。

出会い系なら上にも書いたがワクワクメールがおすすめ。今はたくさんの出会い系が乱立しているが利用者が多くサクラじゃない利用者も多いので見つけやすい。(もちろん登録は無料。18歳以下は利用不可)

スクールに通うなら「「TECH::CAMP」(テックキャンプ)」で探そう(近くに教室があれば…)。最悪女性が見つからなくても普通に役に立つ技術が学べる。

人気の記事

1

毎朝「いらっしゃいませー」とみんなで大声で復唱するような普通の店舗での販売員だった私が、職業訓練を3ヶ月受けて社内WEBデザイナーになった話を紹介してみます。

2

今はいろいろな働き方があってウェブデザイナーでもアルバイトや派遣社員などの非正規雇用で働いている人も多い。 実際のところ派遣社員でWebデザイナーをするのはどんな感じなのか?2年程度派遣社員でWebデ ...

3

Web制作の仕事で生活していこうと思うといろいろな職種がある。 Webデザイナー フロントエンドエンジニア コーダー プログラマー Webディレクター WebデザイナーやWEBディレクターはデザインや ...

-スクール, 参考情報

Copyright© Webワーカーライフ , 2019 AllRights Reserved.