webワーカーライフ

技術

Webの仕事はインターネットの総合力が求められる

投稿日:

Webの仕事はインターネットの総合力が求められる
私はここ数年面接で不採用になったことがないぐらいいろいろな会社から求められている人材なのだが、なぜそれほど必要とされているのかについて考察してみる。

スポンサーリンク

最新技術は全くわからない

私は今35歳なのだが私がWeb業界に入った時、学校で習っていたサイトの作り方の一つにテーブルレイアウトがあった。2007年なので流石にCSSはかなり普通に使われるようにはなっていたものののまだ昔のサイトを更新する仕事もあり、そういう仕事ではテーブルレイアウトに透明のspacer.gifが使われるという古いやり方もかなり多かった。

それが段々と時代が進み、インターネットエクスプローラー6との戦いだった時代を乗り越え、ワードプレスやCSS3とHTML5で色々なことが出来る時代になっている。

そして今はnode.jsやらgulpやらなんかよくわかんないのが増えていて、もう私はおじさんなので勉強してバリバリ使いこなそうという気力もなくなり、へー今はそうやってるんだ〜っていいながらHTMLのタグをコツコツ書いている。

もう私は5年前からほぼ新しいことを学ぼうとしていない。gitとかソースツリーとか設定してもらって使わせてもらってる感じである。よくわからんけど最低限のブランチだけ使ってる。時々変なのが吐き出されてるのプッシュしちゃって怒られてる…。

最近教えてもらったのがSassとか言うCSSを吐き出すプログラムで、やり方は教えてもらったけど積極的に使おうとは思えない。一応やり方がわかったので人が作ったSCSSのファイルをイジれるようになった感じ。その前は吐き出されたCSSを直接書き換えてて、違う人がSCSSで更新した時に全部消えちゃってかなり最悪な感じになったこともある。

マジで最近新しい人たちが最新技術を色々俺に教えてくれるのだけどコアラって何?とかMAMPの使いかたとかよくわかんないんだけど??みたいな感じでとても大変だ…。

そんな感じで働いているので、わざわざ自分で最新技術を取り入れようとは全くしてないけど周りに合わせるためにしょうがなく取り入れてはいる感じである。

最新技術がわからなくても引く手あまたな理由

これに関しては私が10年以上Webの世界で生きているからに他ならない。

私は正直全然ダメな雑魚コーダーで、プログラマーとしての才能もなければデザイナーとしてのセンスもなく、技術力も劣っている。前の会社ではミスってデータベースを削除して会社中大騒ぎになったこともある。基本的にマジで底辺中の底辺と呼べる人間が私なのである。

そんな私でも全く仕事にあぶれること無く、月給で45万円ぐらいはもらえてるのは完全に経験値を買われているのだろう。

ウェブの世界は中々険しい道程で、気づくと常に炎上案件にアサインされ、朝9時から次の日の朝9時まで働いていたり、2週間連続で会社に泊まり込み、風呂は会社の近所の満喫のシャワーとかそんなレベルの労働環境だったりする。

そういう茨の道で挫折せずに10年以上生き残っているだけでレアな人材になるのだ。

こういう人材が最新技術を持つ若手やセンスのあるプログラマーやデザイナーよりも優れている点として挙げられるのが、トラブル対応能力である。

正直パソコンってのはどういうことでエラーだったり、バグだったりが起こるのか謎だったりする。ある時はPHPのエラーだったり、ある時はワードプレスの脆弱性だったり、ある時はブラウザのキャッシュだったり…。

とにかく様々な要因で動かない、サイトが表示できないなどが起こり得る。

そんな時に10年もこの世界で生きてきた人間なら、どうやればそのトラブルの原因が突き止められるかとか、こっちのミスだった時にどういう言い訳ならクライアントを言いくるめることが出来るかなどの前例をたくさん見ている。

クライアントが完全にブチ切れて詫び入れに来いや!みたいな感じになっている場合は、最初から配役を決めて部長とエンジニアという感じで謝りに行き、最初から部長役がエンジニアを終始怒鳴りつけて時々ひっぱたく感じでやればクライアントはそこまでやらなくてもいいですよ…みたいな感じでちょっと収まるみたいな高等テクニックを使えたりする。

そういう修羅場をいくつも乗り越えてきた者だけが知る世界があるので、10年以上の経験者は例えコーディングが下手くそでも間違ってデーターベース消したりするバカでも引く手あまたなのである。

正直今回の会社でもトラブル続きで、引き継いだ案件の本番アップ作業だけで何度も躓くし、お問い合わせフォームのメールアドレス変更もどこのPHP変更するのかわからずクライアントにテストメール飛ばしまくった結果、ワードプレスのプラグインでしたって落ちだったり、かなりポンコツっぷりを発揮している。

それでも上司は私のことを買ってくれていて、派遣の更新の話でもずっと更新し続けますって言ってくれたりしている。正直そんなに安くない給料なので派遣会社に支払っている金はそこそこな額なのだがそれでも二つ返事で更新すると言ってくれるのだ。

Webの世界は総合力の世界まとめ

まとめると確かにプログラミングのセンスや、最新技術の勉強をしている若者、デザインセンスのあるウェブデザイナーなどには負ける私ではあるが、10年以上の経験はそのへんの優秀な若者に負けない力がある。

10年やってきたおかげで、何故かVB.NETでのスタンドアロンソフト開発の経験もあるし、VBAでソフト作った経験もあるし、データセンターでサーバーの引っ越し作業をしたり、企業でLANの配線をやったり…関わった会社も有名百貨店から独立行政法人まで多岐にわたっている。

そんな私だから、よくわからんバグが起きても落ち着いて対応してなぜかわからんけどバグが消えたってことがよくあるし(直ってはいない)、直せって言われて直ってないのがバレた時も直したけどキャッシュじゃないですか?とごまかしたり、クライアントから解凍ソフトについて聞かれたり、SEOのためのサジェストの話相談されたりしても全部ちゃんと返せる。

結局、Webの世界に必要とされているのはインターネット何でも屋さんであり、パソコンのフリーソフトの話から、アクセスアップ術、サーバーの設定まで全部こなせる人間が仕事をもらい続けることが出来るわけである。

どんなに最新技術で色々なことを一瞬でできるようになっても、コミュニケーション能力が劣る人間は中々会社では上手くやっていけないし、言われた仕事を出来ませんと断ってしまうような人間は仕事をもらえなくなるのである。

人気の記事

1

毎朝「いらっしゃいませー」とみんなで大声で復唱するような普通の店舗での販売員だった私が、職業訓練を3ヶ月受けて社内WEBデザイナーになった話を紹介してみます。

2

今はいろいろな働き方があってウェブデザイナーでもアルバイトや派遣社員などの非正規雇用で働いている人も多い。 実際のところ派遣社員でWebデザイナーをするのはどんな感じなのか?2年程度派遣社員でWebデ ...

3

Web制作の仕事で生活していこうと思うといろいろな職種がある。 Webデザイナー フロントエンドエンジニア コーダー プログラマー Webディレクター WebデザイナーやWEBディレクターはデザインや ...

-技術

Copyright© Webワーカーライフ , 2019 AllRights Reserved.