webワーカーライフ

スクール 技術

Webデザイナーがプログラミングを勉強する方法

更新日:

プログラミングイメージ
私がWebデザイナーだった時の武器がプログラミングだったのでWebデザイナーの人たちには是非ともプログラミングを勉強してもらいたいと思っている。

そんなわけで今回は「Webデザイナーがプログラミングを勉強する方法」について書いてみる。

なんでプログラミングを勉強する必要があるのか?

プログラミングがほとんどできないWebデザイナーが大多数だから。

Webデザイナーという仕事は参入障壁の非常に小さな職種で名乗ってしまえば誰でもWebデザイナーになることができる。

ただ単にコーディングできるだけの人間など掃いて捨てるほどいるし、イラストレーターやフォトショップ、ドリームウィーバーが使えるよって人もごまんといる。

その中で頭一つ抜けるにはどうすればいいのか?というとそれがプログラミングを理解できるかどうか?になってくる。

例えば、最近のウェブサイトの必須になっているjQueryはジャバスクリプトのオープンソースライブラリの一つで、簡単に色んなことが出来るプログラム。

これを使いこなすにはある程度のジャバスクリプトの知識が必要になる。海外サイトのサンプルソースをそのまま利用することもできるがどこで何を操作しているのか理解していないと実装に非常に手間がかかり思ったように組込できないことすらある。

あとは最近必須なプログラミングとしてWordPressの組み込みが挙げられるがこれに関してもPHPをある程度理解していないとホワイトアウトと言って表示できなくなったり、意図しないバグが発生する。

WordPressのフォーラムで誰かに質問して答えられた内容が理解できる程度のプログラミング知識は必要不可欠だと感じる。

Webデザイナーがプログラミングを勉強するならどの言語?

上にもちょっと紹介したがJavaScriptPHP必須レベルだと感じる。

これが全くわからないとWebデザイナーとしてやっていけるかどうかちょっと疑問に感じる。(コーダーやただのフォトショップで一枚ペラを起こすぐらいなら出来るかも)

ただ、勉強するのが簡単な言語としてはVBがおすすめ。

バーチャルベーシックの略でエクセルでもVBAという同じプログラミング言語が使えるためエクセルを使ったちょっとした業務ソフトを自作することも可能。

VBがなぜおすすめなのかというとズバリ簡単だから。私は元々生物系の大学に行っていて販売員を経てWebデザイナーになった人間でどちらかと言うと数学や情報処理系の勉強が苦手だった。

変数って何?ってのも理解できないし、配列とかループとか本当に理解出来なくてPHPではGETやPOSTと言った基礎でガッツリ躓いたのだが、そんなプログラミングが出来ない人間でも簡単にプログラミングを習得できたのがVBという言語。

VBについては色々なサイトで説明があるのでここでは省略するがマイクロソフトが無償提供しているソフトなのでその点もおすすめ出来るポイントの一つ。

PHPやJavaScriptで挫折した私はVBでプログラミングの流れを一通り学び、再度PHPやJavaScriptを勉強して理解することが出来た。

取りあえず簡単な言語で流れさえつかめればあとはどの言語を使おうがやることは同じなので応用が効く。大事なのは基本的な流れを身につけること。

どの程度プログラミングが出来ればいいのか?

Webデザイナーにどの程度のプログラミング技術が必要なのか?というとWordPressなどのCMSを修正して表示を変えることjQueryのサンプルコードを見てどこを修正すればどんなことが出来るのかが理解できるレベルでいいと思う。

本当は問い合わせフォームがどんな仕組みで動いているのか理解できている方が色々作っていく上で役には立つし、出来れば知っておいたほうがいいとは思うが実際業務でそこまで要求されることはほとんどない。

Webディレクターになったらクロスサイトスクリプティング(XSS)やSQLインジェクションなどのよくあるプログラムのバグを狙った攻撃についても知っておく必要があるとは思う。その点についてはITパスポート(元初級システムアドミニストレータ)などの資格テストの勉強をすれば身につくだろう。

Webデザイナーがプログラミングを勉強する方法まとめ

私の場合はWebデザイナーとして1年2ヶ月ほど働いてプログラミングの必要性を感じたため一度Webプログラマーに転職し、SEやプログラマーが多数在籍する制作会社に勤めることでプログラミング漬けの環境に身を置き、プログラミングから逃げられない状態にして学んだおかげでなんとかそれなりのプログラミングを身につけることが出来た。

プログラミングというのは本当に適性を問われるものであり、何か明確な目標やプログラミングを身につけなければならないという状況が無ければ私のような元々適性のない人間は、おそらく独学では絶対に身につけることが出来なかっただろうと感じる。

プログラミングはスペルを一つでもミスしていればエラーを吐いて動かないし、最初のうちは写経と呼ばれる書籍のコードをひたすら手打ちするところから始まる。プログラミングは地道にコツコツ学べるかどうかがかなり重要になるものだと感じる。

本当に好きな人にとってはゲームを解くかのごとく楽しく学べるものなのかもしれないが私にとっては泥水を飲むかのごとくとてもつらいものだった・・・。

一度身に付ければ一生使える非常に役に立つ技術がプログラミングだと思うのでプログラミングを学ぼうと思っているWebデザイナーは是非ともプログラミングを身につけて欲しいと思う。

関連リンク

人気の記事

1

毎朝「いらっしゃいませー」とみんなで大声で復唱するような普通の店舗での販売員だった私が、職業訓練を3ヶ月受けて社内WEBデザイナーになった話を紹介してみます。

2

今はいろいろな働き方があってウェブデザイナーでもアルバイトや派遣社員などの非正規雇用で働いている人も多い。 実際のところ派遣社員でWebデザイナーをするのはどんな感じなのか?2年程度派遣社員でWebデ ...

3

Web制作の仕事で生活していこうと思うといろいろな職種がある。 Webデザイナー フロントエンドエンジニア コーダー プログラマー Webディレクター WebデザイナーやWEBディレクターはデザインや ...

-スクール, 技術

Copyright© Webワーカーライフ , 2019 AllRights Reserved.