Webデザイナー・プログラマーなどの仕事をしてきた人の経験談を伝えるサイト

Webワーカーライフ

フリーランス 参考情報

なぜホームページ作成の費用は高額となるのか?

更新日:

お金のイメージ
ホームページほど相場がわかりづらいものはない。

最近はブログの広告収入だけで生活しているのでホームページ制作の仕事は年に一度ぐらいしかやらないのだが、この前知り合いに頼まれて以前作ったサイトのリニューアルを見積もった。

スポンサーリンク

本当はもうWeb制作への情熱は完全に冷めてしまっているので引き受けたくなかったというのが本音であるが、この知り合いは前にわりと美味しい仕事ふってくれたりしてるのでこれが最後という気持ちで引き受けることにした。

そして見積もりを頼まれたのだがリニューアル案件ということで新規追加ページと修正するページを考えて6ページで6万円と出しておいた。リニューアルだしちょっとコーディングすれば終わる一週間もかからない仕事だと思ったわけだ。

それがだ、よくよく聞いていくとなんかワードプレスのテンプレートを大きく修正する箇所が何箇所もあって更にデザインを全面的にリニューアルするから全ページのチェックもいるしサイドメニューをなくしてヘッダーにメニューを追加ってマジでほぼ全面改修・・・。

完全に見積もりをミスっていた。初期のヒアリングをもっとちゃんとやっとかないとえげつないぐらい工数が膨らむ・・・。

もうしょうがないから受けんのやめようと思ってデザイン変更するなら12万円になりますってメールを送ってみた。そしたら10万円税込みまでなら出すって言われてもう最後だしやることに。

ぶっちゃけサイトのテンプレート変更だけでも10万ぐらいの仕事だし、デザイン変更とか新規ページ作成とか入れると普通のWeb制作会社なら30万円は取るレベル。

割に合わないねぇ。ディレクション的なことは全部任せているからこっちは作業に集中できるってのはありがたいけど相場的に10万円でやる仕事じゃないなぁ。

こうなってくるとテンションが上がらないから全部適当なやり方になるしチェックも面倒だからやらないし、気を利かせてここをこうした方が良くないですか?みたいなことも言わない。なぜなら割に合わないから。

なぜホームページ作成の費用は高額となるのか?まとめ

ホームページ作成の相場は普通の企業のサイトでワードプレスを使うなら30万円以上から引き受ける。

ページ数や仕様の複雑さ、jQuery設置や資料作成などが必要な場合など追加料金として一ヶ月拘束されそうなら50万円以上の見積もりを出すのが妥当。

おそらく作業自体は半月で終了するボリュームであっても必ず途中で仕様変更が入るし、クライアントが何もわかって無くてスムーズに事が進まず半月と見積もっても必ず1ヶ月以上かかるから。

ホームページを発注する側もそれを考えていて欲しい。なんでたった6ページ修正するだけでこんな高いの?って思ってもそういうコミュニケーションのためのコストが必要なので相場が高くなる。

そう、相場を上げているのはWebのことを全くわからないまま発注してしまっているクライアント側にも大きな責任があると考えて欲しい。

クライアント側がこの仕様変更を発注したらテンプレートの大きな変更が発生して作業工数的に3人日12万円程度は掛かりそうだな、じゃあこの仕様変更は止めて別の方法でやることにしたほうが安く済みそうだなと理解できていれば安く済む。

全てはこちらに対して丸投げで来ることでいらない工数が加算された結果の高額請求なのである。

プログラミングの勉強を頑張りたい方へ

Webデザイナーに必須の知識であるプログラミングを勉強したいという人向けウェブサービス紹介

未経験から仕事に繋がるエンジニア・デザイナーになりたいならCreatorsHive

クリエイターズハイブは、単に技術を教えるだけではなく、企業が求めるクリエイティブクラス人材の輩出を目的とした唯一のスクールです。

転職・独立・起業を永続的にサポートしてくれるから頑張れる!

-フリーランス, 参考情報

Copyright© Webワーカーライフ , 2017 AllRights Reserved.